映像制作に携わりたい!どのような求人があるの?

  • 映像制作業界の求人の特徴

    • 映像制作の仕事には大きく分けて3つの段階が存在します。
      プリプロダクションでは映像の企画と構成を考え、シナリオを作成します。

      また撮影スタッフや機材を手配するのもこの段階です。


      次に実際に撮影を行うプロダクションと呼ばれる段階があります。

      撮影現場への機材の搬入やスタッフへの指示などの作業が行われます。最後に撮影した映像の編集と加工から公開・納品までを行うのがポストプロダクションです。


      一般的に映像制作を行うスタジオや制作会社のことをポストプロダクションと呼ぶこともあります。

      各映像制作会社は求人サイトやハローワークなどを通して求人の募集を行っていますが、仕事の内容は様々です。



      ポストプロダクションにもテレビ番組やCMなどの映像制作が得意な会社もあれば、個人的な結婚式などのイベントの映像や企業における社内向けの映像の制作などを得意とするものも存在します。

      一般的にテレビ番組や映画などの映像を作成するプロフェッショナルは専門学校を卒業し、高度な能力を身につけた人たちです。

      OKWave情報が様々な条件で検索可能です。

      専門学校の中には技術や知識を学べるだけでなく、提携する企業でアルバイトとして働き実務経験を積むことができる場合もあります。
      一方映像制作を行う会社がアルバイトの求人を募集することもあり、一定期間業務に従事して能力を磨くことで正社員として採用される場合も存在します。映像を制作する会社にもそれぞれ得意とする分野が異なります。



      希望の職種に就職するためには専門学校で技術と知識を学び、必要とされる能力を証明できるようにするのが合理的です。