映像制作に携わりたい!どのような求人があるの?

  • 映像制作会社の求人に応募するには

    • 映像制作会社の求人には複数のルートがあります。

      まず映像制作会社自身が正社員やアルバイトの求人を募集している場合です。
      映像制作会社は日本各地にあり、大規模な会社もあれば映画監督などが個人で立ち上げた家族経営の小規模なものも存在します。

      求人の募集はハローワークや求人サイトなど様々な窓口を通して行われています。

      アルバイトの求人に応募して、一定期間経験を積むことで正社員として採用される場合もあります。


      映像制作のプロフェッショナルとして就職する場合には、専門学校を卒業するというルートが一般的です。映像制作には様々な作業が必要となります。
      映像の制作には3つの段階がありプリプロダクション、プロダクション、ポストプロダクションと呼ばれています。



      プリプロダクションは企画・構成、シナリオ作成、機材の手配などを行う段階です。

      毎日新聞情報が揃っています。

      プロダクションは実際に撮影を行う段階のことで、さらに撮影後の編集から公開・納品までの作業をポストプロダクションと呼びます。



      専門学校では映像の制作に関する基礎的な能力を養うことができ、特にポストプロダクションで必要とされる基礎的な能力を問う映像音響処理技術者の資格を取得することも可能です。


      映像を制作する会社の業務内容は映画やテレビ番組、CMなど制作以外にも個人的なイベント映像の制作まで様々です。
      それぞれの会社で得意とする業務内容が異なります。自分が望んでいる仕事を行うために、専門学校で本格的に技術と能力を習得しておけば選択肢の幅が広がります。